2017年07月06日

真の愛国を考える。

森友学園に始まって加計学園、豊田代議士のパワハラ、稲田防衛大臣の口禍。下村博文都連会長の不正献金問題まで、昭恵夫人も含め、安倍総理の廻りにいる人達の権力乱用が止まらない。特に、最近は、そのやり方が透けて見えるようになってきた。
Tomomi_Inada_2017.jpga29260f45fbae6af502c107614907bcf.png









安倍総理の力の源泉は、周りにいる有能な悪賢い官僚達に守られている事にある。外交のスペシャリストは谷内正太郎氏だし、日本版CIA長官の役割は北村滋氏。公案関係の実働は中村格氏だと思う。彼らは、安倍総理を見事に守る。
kitamura.jpgSnapCrab_NoName_2017-5-30_0-3-16_No-00-226x300.png












虎の威を借りるブレーンも多い。前川元文科事務次官の発言問題で、大失敗をしでかした菅義偉官房長官を中心に、政治家に意向を伝える役割は萩生田副長官。公安、警察関係の表の司令塔は杉田和博副官房長官。官僚に指令を伝えるのは和泉首相補佐官と役割分担ができている。

2df31f3ed30ea34461624b65d700484f.jpgizumi_hiroto.jpg











民間人の活用もうまい。新自由主義の申し子で、ああ言えばこう言う竹中平蔵氏。世界中が立ち止まってギヤチェンジをしようとしているのに、いまだに、改革・改革としか叫ばない。実際は自分と仲間達の利益のため活動しているのだが、国家戦略特区を隠れ蓑に、法に触れない新しいやり方を独占して、稼いでいるのは実に巧みなやり方だと思う。
takenaka.jpgKishi-thumb-800x800-1505.jpg










竹中氏の仲間も、安倍総理の広告塔となっている。郷原弁護士に論破された高橋洋一氏、岸博幸氏。テレビで露骨なまでに嘘を広めて安倍総理をかばう、自民党からの活動費を貰っている田崎史郎や辛坊治郎。読売新聞社もグループ全体とし地に落ちた。自民党を代表して質問した、青山繁晴氏もひどかった。前日のテレビで郷原弁護士に論破された高橋洋一氏の論理を何回も繰り返し述べていたにすぎない。前川さんに、挙証責任が文科省か内閣府のどちらにあるなどいう役所内部の事よりも、政府が一体となって国民にどう説明するのかが大事な事なのだと一括されていた。
c2c0897d.png76a75cb10d18512a02c7f41fa3d43c11.jpg










拉致問題を真剣に取り組んでいた頃の、安倍晋三代議士は愛国保守の政治家だと思っていた。だが、最近は、化けの皮が剥がれたような気がする。中東外交を見ていると、アメリカのいいなりというより、アメリカが喜ぶように忖度して、進めているような気がしてならない。南スーダンへの派兵など、愛国保守の仮面を捨てて、親米売国の方向にまっすぐ走ってしまったという感じは否めない。
mig.jpg











私ががっかりしているように、横田夫妻をはじめ拉致問題の家族会の皆さんや、今上天皇・皇后陛下も情けない思いをされていると思う。日本は独立国で有り、元首は天皇陛下である。安倍総理は元首に代わって行政を司る宰相でしかない。
10361459_1512076475682607_4505622333305634973_n.jpg
横田夫妻.jpg











後先を考えない外交や、福島の災害地への慰問を見ていると、天皇陛下・皇后陛下をさしおいて、大統領にでもなったのかと錯覚してしてしまいそうである。自民党の保守政治家の中に、やり過ぎを止める人がいないというのも不思議でならない。
安部総理.jpg石破.jpg








ネトウヨと呼ばれている若者達は新聞や安倍総理賛辞のテレビの報道を疑わない。情報が政権にコントロールされている事に気がつかない。昔からのコメンテーターが分類する左翼、労働組合、共産党が愛国の敵だと思っている。単純思考でしか考えない。

私は、自説を曲げてTPP加入を推し進めた安倍総理を、賛辞する人達に対して、愛国者と呼ぶことはできない。
20140305183138e4a.jpg
http://wjf-project.info/







実際は、安倍総理の所属する清和会は自民党にあっては歴史的には反主流派で、親米売国の系譜である。自民党の保守本流は宏池会であり、田中派の流れを汲む派閥も本流の仲間である。日米安保を基軸にするにしても、中国ともロシアとも親しく経済発展していこうと考えるのが、歴史的に見れば、本来の日本の立場である。
17oohira_3.bmp9214706_400x400.jpg







歴史的な経緯も大切だが、最重要なのは日本の未来をどう考えるかという事である。本当に愛国者なら、そこに焦点を当てて考えて欲しい。どちらにしても、民進党が情けないのが問題なのだが、政権交代のできる健全な愛国野党が誕生して欲しいと願うのは私だけではないと思う。
posted by 小林知義 at 12:08| Comment(0) | からくち時評

2017年05月31日

前川喜平前事務次官に見る正しい公僕のあり方

 長いこと、ブログを更新していなかったのですが、久しぶりに書いてみました。それはあまりに読売グループの報道が酷いのと、コメンテーターがいい加減なので、黙っていられないと思ったからです。

私は、現在、薄層緑化協会の4代目の会長ですが、立ち上げ時にお世話になった人がいます。前川製作所の佐伯副社長には色々とご指導を頂きました。佐伯副社長は前川製作所の創設者、前川喜作翁に薫陶を受けたとおっしゃっていました。前川製作所についても、直接に、色々と教えて頂きました。
about02.jpg














前川喜作氏は奈良の御所市から東京に出てきて、一代で、世界最大の冷凍庫メーカーを築き上げた人ですが、奉仕活動も熱心にされていて、特に、和敬塾の設立は素晴らしいものでした。日本の未来を託すべく、地方から出てくる貧乏な男子学生のために、賄いつきの寮を4棟も建設されて、支援を続けられました。
30a9714e.jpeg












東西南北、寮対抗の運動会もあるという和敬塾の400名を超える卒業生は、全部、合計をすればゆうに1万人は超えているはずです。官僚になった人も500名はくだらないと思われます。何故、和敬塾と名付けられたかも教えて頂きました。聖徳太子の「和をもって、貴しとなす」の言葉から名付けたそうです。
about01.jpg










その喜作翁の名前を一字頂いて、期待を一身に受けて、喜平と名づけられたのが、今、話題の前川喜平前事務次官です。もちろん、お爺さんのDNAを引き継いで、お金や自分の出世のために、官僚生活をおくってこなかった事は、周辺にいる人なら、全員の共通認識です。絵に描いたような公僕・奉仕の人であります。
c4b02f9e55523217105392cbf1891945.jpg











こんな立派な人を陥れようとしている、菅官房長官は憐れとしかいいようがありません。OBも含め多くの、数多くの真面目な公僕の象徴を敵に回して、勝ち目があると思っている事こそ、情けないとしか言いようがありません。安倍総理には、彼をいつ切るのかが試されています。切らなければ、詰まるところ、倒れるのではと思います。
6753d9f21786f2e47189f290ac6c9843.jpg
posted by 小林知義 at 10:21| Comment(0) | からくち時評

2015年02月20日

日本の近代史(私の歴史観)

現在の第二次安倍政権は、以前の愛国という理念を投げ出したという感じがしてならない。中東における日本外交の基本スタンス。日米安保の強化を目的とした、集団的自衛権の解釈変更など、日本の自立をあきらめたような外交政策が目立つ。
abe.jpg
第一次安倍政権時代は、そうではなかった。戦後レジュームからの脱却という大義を全面に押したて、国民に正しい歴史認識を共有して貰おうという理念を掲げていた。今のスタンスは腰砕けというか、国家としての自立から遠のき、愛国をあきらめて、何故か、親米を固定化してしまうような外交政策ばかりである。我々、誇り高き日本民族の目指すところは、恒久的平和であるが、それは戦前も、戦後も変わっていないはずだ。

e0187908_2301984.gifかつて、15世紀〜17世紀にかけて、ヨーロッパの列強諸国は競って、アジア・中東・南北アメリカ大陸・アフリカへ、金銀財宝・珍産品を求めて海を渡った。この時代は大航海時代と呼ばれている。

その時、彼らがしてきた事は、本国に金銀財宝を持ち帰るのみならず、キリスト教を布教するという目的で、古い歴史のある多くの文明を壊した。

africa_1914.gifのみならず、中東・アフリカにおいては、各国が思いのまま、地域を直線で分割して、植民地として、人民を統治してきた。


img9b60c306zikazj.jpeg















17世紀〜19世紀 新興国アメリカは、現地に先住していた誇り高きインディアンに対し、武力をもって居留地区に押し込み、その代わりという訳でもないのだろうが、アフリカから多くの従順な黒人奴隷を連れてきて、彼らを労働力として使い、今の繁栄を築いた。

4cb18057.gifアメリカとヨーロッパに対抗できる唯一の民族は、神の国日本であり、天皇を象徴とした日本人である。20世紀になって、我々の先人達は、ヨーロッパ列強から、自由を束縛され、植民地として搾取されてきたアジアの諸民族を、独立・解放させるべく、立ち上がった。

これが、大東亜戦争の動機であり、大義名分である。

A0313_yasukuni.jpg第一次安倍内閣時代は、中国や韓国が内政干渉し、偏向したメディアが同調した歴史観。アメリカ・ヨーロッパから、東京裁判で押しつけられた、偏った近代史を正さなければという純粋な動機があったのだが、国際社会にアピールする間もなく、消滅させられた。


それには、ある外交的出来事があったからである。

それは、韓国と韓国人、アメリカなどに移住したコリアンなどによる、日本排斥のための従軍慰安婦騒動である。彼らは、地域的に他民族から侵略される朝鮮半島の宿命なのか、「怨」という感情で国民に一体感を持たせながら統治する。そのために、繰り返し、日本を排斥する。国をあげて子供たちに、その感情を教育し、植え付ける。その代表的な叫びが従軍慰安婦である。

d0252916_053249.jpgまた、日本と戦ったアメリカやヨーロッパの列強にとっては、先の戦争が、歴史的に見て、アジア植民地の解放を目指した日本の正義の戦いという大義を認めるわけにはいかない。そのためにも、特攻隊と腹切りの文化を持つ日本軍と日本人が、野蛮な民族でなければならない。


この気持ちと在米コリアンの従軍慰安婦像騒動が、女性の人権問題にすり替えられ、Sex Slaves(性奴隷)という名で、米韓の共通の利益として意識的にヨーロッパや世界に広められた。これが、安倍政権の戦後レジーム脱却という取り組みが後退した最大の要因である。


Chosen06.jpg私は、国際法上から見ても、日本が朝鮮を植民地にしたのではなく、併合したという事が、真実だと思ってはいるが、彼らが日本から侵略されたという論理については、あえて、反論はしない。何故なら、植林をして、鉄道を引き、ダムをつくり、農業を振興させ、教育を普及させたと言っても 

日本人が統治したという事実は消せないからだ。


ただ、私は、彼らが従軍慰安婦の事を人権蹂躙だと、聲高に批判するのは絶対に許せない。

皇軍は、人道上の見地から、ちゃんとした医者を同行させ、娼婦にも軍人にもやさしい、衛生的な慰安施設を設けた。そのおかげでレイプと性病は予防され、現地の人々ともトラブルになる事もなかった。また、びっくりする程の多くの給料が支給されたので、おおむね、女性の側からたくさんの応募があったといわれている。当然、日本人とされていた韓国人も混じってはいたが、日本人が大多数だった。これらは、当時の新聞記事を見ると、事実だとよく解る。いわんや、朝日新聞さえ、訂正したように、皇軍が強制的に募集、収容したなどと言う事は、絶対にあり得ない。

Yasuura_House.jpg
確かに、フェミニズム運動の影響からか、アメリカやイギリスでは公娼制度はなく、戦地にそれぞれ私娼の館ができるという具合であった。




ただ、地域によっては、一部レイプが止められず、性病が蔓延し、人道的にはひどい状況であったと言われている。沖縄の海兵隊基地でも、現在、その名残は残る。(逆に、フランスとドイツは日本と同じように軍隊についくる公娼システムがあった。)

461f481f6c6dd5873795fb8b315987e1.jpgロシアや韓国の軍隊には公娼制度はなく、現地の女性をレイプ・強姦するしかなかった。それは、ベトナムでもアフガンでも続けられ、現在、ベトナムと韓国人のハーフ、ライダハンは3万人はいると言われている。おおむね、韓国兵のレイプの忘れ形見という事になる。


こう見てくると、従軍慰安婦問題を現在の女性の視点で捉えると、全てが人道的ではないという結論に至るのだろうが、多くの国で娼婦という職業が公然と存在していた時代には、日本的な慰安所の設営が最も人道的なシステムだったと主張する事が、私には間違っているとは、とても思えない。

1230540198468aa.jpg











どう考えても、神の国日本、天皇の軍隊が女性に対して人道的でないわけがないし、武士道の精神からして、彼女達を大事に扱った事に相違ない。


28df4872.jpg



ましてや、近代までキーセンという公娼制度が残り、全世界への最大の売春婦輸出国である韓国に、人道的でないなどと言われたくも無いし、戦争に参加もしていない善良な日本国民に、二種類の原爆を落として、人体実験をしたアメリカに、人道的でない日本皇軍などと批判される覚えもない。


国際社会からなんと言われようと、我々、日本人はこの真実を、子孫代々、累々と、正確に、語り継がなければならない。
posted by 小林知義 at 14:37| Comment(0) | からくち時評